うまく残土を使うこと|驚きの高値で現金化を狙おう|中古機械の買取は実績豊富な業者へ

驚きの高値で現金化を狙おう|中古機械の買取は実績豊富な業者へ

うまく残土を使うこと

工事現場

様々に利用可能

一般的な残土処理は、建設廃棄物として現場からダンプトラックで処理場に運搬して処理することなので、経費として運搬費と処理費がかかるのが普通です。しかし、残土処理はうまく行えば再利用などにもつながるのです。例えば、他の工事で盛る土が足りない場合に、残土として発生した土を利用するのも一つの手です。他にも、沈下し易い地盤の現場の強度を上げるために、残土を利用して圧密するのも一つの手です。また、周辺住民が農家などの場合は、余った土を利用して簡易な道路を作って欲しいという要望がよくあるので、その際にこのような残土を利用するのもアリです。このように、残土処理はうまく行なうことで、大きなコストカットが可能になる重要な部分なのです。

土質を確認することで

他の現場で残土を利用する場合は、土質がその現場に適したものか、必ず利用する前に確認することが大切です。特に道路のような地域住民全体に影響を及ぼすインフラ整備に使う際は、土質が適していないと地震で損害を受け易くなったり、耐用年数が下がってしまう可能性があるでしょう。残土と言うのは、大抵はあまり土質の良い物ではないですが、時間が経つと余計な水分が抜けて、土質が改善される場合があるので、有効利用するには数年間の中期的・長期的な計画を考えて工程を組むことが大切です。また、極端に悪くない土の場合は、購入土を利用するよりセメント改良などを行い、適切に残土処理した方がコスト的に有利になる場合もあることは覚えておいた方が良いでしょう。