選別用の機器|驚きの高値で現金化を狙おう|中古機械の買取は実績豊富な業者へ

驚きの高値で現金化を狙おう|中古機械の買取は実績豊富な業者へ

選別用の機器

作業員

需要が高まる予想の背景

材料加工の現場においては、できる限り材料に不純物が混ざらない様にする必要があります。そうした場合に多く使われる機器の1種に振動篩機があります。振動篩機は文字通り、特殊な構造によって発生させた振動によって、篩(ふるい)面に置いた材料を選別する機器を指します。現代では大小様々な機器が提供される様になっており、金属や土壌といった建設業でイメージされる他、化学成分や食料品、産業廃棄物関連など、用途は多岐に及んでいます。こうした振動篩機は従来から使われる材料選別の他、リサイクルにおける選別にも活用されています。リサイクルでは分別の段階でできるだけ異物の仕分けを終えた方が、その後の工程のしやすさにも繋がるとされるためです。そうした面から今後、アジアを中心とした途上地域など、リサイクルのための設備が必要な地域を中心に、振動篩機の需要が高まるとみられています。

用途による運動の使い分け

そうした振動篩機を活用する上で、構造に関して注意しておくと良い項目も挙げられます。それが篩における要となる、振動に関する事です。そもそも材料となる物質には大きさや重さ、形状によって、篩による影響の受け方に差が出るとされます。篩面に設置した網目を通るサイズと通らないサイズに分類できる他、振動による物質同士の衝突で生じた粉砕の程度で、篩分けされやすくなる脆い材料とそうで無い材料とに分類されます。したがって振動篩機では、硬い材料と脆い不純物との分類には特に有効となっています。また、その振動を発生させる時の仕方に応じて、用途が分かれるとも言われています。一般的に振動篩機では、振動させる本体の両端に取り付けたウエイトと呼ばれる2つの部分の回転によって、振動が発生します。そのウエイトを取り付ける角度に応じて、振動の出方も変わってくる仕組みとなっています。したがって事前に用途となる篩分け対象の材料を把握した上で、それらの分別により適したウエイト角度を持つ振動篩機を選ぶと良いとされます。